麺家ひばり@学園 白湯らあめん

f0088954_1894488.jpg

ほぼ1ヶ月ぶりの訪問です。
今回はオープン当初のまだ「ぬるい」と指摘を受けていた時代に頂いた以来の白湯らあめんを頂きました。
さすがに「ぬるい」というのは既に過去のこととなっているようです。
少しスープにマイナーチェンジが加わったのか、オープン当初に比べて若干魚介系がマイルドになった気がします。
白湯に関してはバランス的にこれで良いのかも知れません。
このスープは時間が経って少し冷めてからも大変美味しいです。
今まで頂いた中で最もベストな一品だと思いました。見事です。
f0088954_1810063.jpg

Jrが頂いた醤油らあめんのスープに関しても前回頂いたときに比べて若干魚介スープがまろやかになった気がします。
まろやかとは言っても魚介系と醤油が調和して巧くまとまっています。
Jrは気に入って一人で完食してしまいました。
f0088954_18101032.jpg

問題は牛すじ味噌らあめんなのですが、ブレなのかそうでないのか分かりませんが、ベースの魚介がまろやかになっただけでなく、味噌が薄く感じました。この味噌はもともと酸味の強い味噌だと思うのですが、これが濃度が薄いと酸味だけが表に出て旨みが薄らいでしまう感じがします。牛すじも若干水っぽい印象を受けました。たまたまと言うことなら良いのですが少し心配です。

全体としてオープン当初と比べて全体に少し押さえ気味にシフトしている感じがします。
確かに魚介系が苦手という人が居るのも事実だし、今まで魚介系のラーメンに慣れていなかった松江の人があの濃厚な魚介スープに面食らった場面もあったのかも知れません。
また掲示板等でそのような意見が有ったのも事実です。
しかし、個人的にはそれが麺家ひばりさんの強烈な個性だったと思うし、その個性が弱まるのは少し残念な気もします。
そうは言っても、経営的な事を考えれば、都会地のように強烈な個性を出してもそれを支持する人で行列を作るだけの地盤がもし松江に無いとすれば、この様な方針転換も致し方がないのでしょうか。
[PR]

by emozione | 2007-02-12 13:06 | 松江市内