寿食堂@鹿島

f0088954_14254127.jpg

長年気にはなっていた物のこれまで行けず仕舞いだった松江のラーメン界ではちょっと有名な鹿島町の寿食堂です。
場所は県道37号線を佐陀川沿いに鹿島方面に向かい恵曇郵便局を過ぎた先にある信号を右折すると目の前の二股道の間に見える薄っぺらい建物が寿食堂です。
建物は二股道の間の細長い敷地にあって幅は狭いところでは1mも無いかと思います。
入口は左側の二股道に入った方にあって店の前に駐車場もあります。駐車場は何も書いてないので不安になりますが、左から3台分が店の駐車場だそうです。
のっぺらとした壁面にぽつりと入口があり寿食堂ののれんがかかっていますが、初めて入るときには多少勇気が必要かも知れません。
中にはいると奥に小さな座敷とその他は横に長いカウンターになっています。どうも夜は焼き肉がメインになるようで、カウンターには焼き肉用のロースターが一定間隔で置かれていました。黒板のメニューにも焼き肉のメニューがずらりと並び、カウンターで焼いて食べるとビールがすすみそうです。
ラーメンのメニューはラーメン、ラーメン大、チャーシューメン、チャーシューメン大、ラーメン小の5種類でスープバリエーションは1種類のようです。例によって定番のラーメン500円を頂くことにしました。
出てきたのは若干白く白濁したスープにもやし、ネギ、チャーシューがトッピングのシンプルなラーメン。
スープは松江昔系の旨みの効いた豚骨スープで、某ブログでも指摘があるように、勝美屋の味によく似ています。
ただ、焼き肉の締めとしての意味合いが強いのか、やや薄口であっさり目、量は昼食として頂くのであれば大盛りの方が良いかと思います。
麺はどうも松江でよく使われる某麺とは違い、麺に味があり弾力も強くなかなか良い麺だと思います。
焼き肉店なだけに肉にはこだわっているのか、チャーシューは巻きチャーシューで肉厚もあり旨く仕上がっていると思います。一枚ですが、最近食べた某店の3枚チャーシューの3枚分よりボリュームがあるかと思います。
最近、松江でも全国的な流行の先端を行くようなニューウエーブ系の出店があり、これも一つの楽しみではありますが、一方、寿食堂のような松江昔系のラーメンも未だに色あせない魅力を持って頑張っているのは大変嬉しいことです。
いつまでも頑張って欲しいお店です。
f0088954_2131322.jpg

[PR]

by emozione | 2007-02-08 14:34 | 松江市内