まるめん@寺町 濃厚重量級極上とんこつ

f0088954_214936.jpg

一子相伝無きあと、ボートピアの1階の空き店舗に入ったまるめんです。
本社は鳥取と言うことでFCと言うことになるんでしょうか。
さて、本来であれば初めてのお店なのでデフォルトの豚骨を頂くべき所ですが、以前から某HPで名前のみ紹介されていた、「濃厚重量級極上とんこつ」という、おいおいそこまでかよ!と突っ込みたくなるような魅力的なネーミングの一品を、味玉の味にも興味があるのでトッピング味玉で注文することにしました。
そもそもここのメニュー構成はラーメンなら「ラーメン」「味玉ラーメン」「白ネギラーメン」「辛ネギラーメン」「明太子ラーメン」「チャーシューラーメン」「全部のせラーメン」と基本があり、これに醤油として「とんこく」と「とんまる」が旨塩として「しおこく」と「しおまる」が味噌として「みそこく」と「みそまる」があってさらにトッピングのオプションが「白ネギ」「辛ネギ」「チャーシュー」「味玉」「メンマ」となっているため、何をどう注文して良いか理解するまでに頭の悪い私は相当悩まなければならなかったのですが、さらに注文を取りに来たのが、「今日から始めたんです」というおばちゃんで、注文を取る方も要領を得ず、結局後で考えると注文しようと思っていた物と実際に来た物でなんか微妙に違っていたりしました。
それはまあヨシとして、本題の「濃厚重量級極上とんこつ」です。
まず目を引くのが、牛乳のように真っ白なスープです。これは、濃厚なんですが非常に粒子が細かくクリーミーで雑味がなくてクリームシチューの様なマイルドなスープです。結構美味しいんじゃないでしょうか。何故かスダチが付いて来て、これを絞ってかけるようにと言われるんですが、確かに絞ってかけると味が変化します。ただ、良い方向への変化なのかは微妙です。
トッピングは海苔、炙りチャーシュー、白髪ネギ、ねぎ、糸唐辛子、味玉、ですが、ここで問題なのは味玉。実はトッピングで味玉を注文したんですが、割っていない味玉が一つと、半分に割った味玉が2つ(卵一個分)入っていました。つまり、デフォルトで既に味玉が入っていたようです。ただし、この2種類の味玉は割ってある方は黄身まで火が通ったタイプの物、丸ごとの方は黄身が流れ出すぐらいの半熟な物で火の通り具合が違った物でした。おそらくトッピングとして加わったのが丸ごとの方だと思いますが、こちらの方が卵としては美味しかったです。でも、トッピングで味玉を注文した時点で、デフォルトにも入っていますとの説明ぐらいあっても良いのかも知れません。
他の具材では白髪ネギですが、このラーメンには少しやかましいので入れない方が好みです。炙りチャーシューは確かに炙った後が感じられましたが、チャーシュー自体が特徴に欠ける物でした。麺はよくあるタイプですが残念ながらこのラーメンには向いていないと思います。
全体としてスープが面白い分結構いけるのですが、値段が880円とラーメンとしては破格に高く、貧乏人の私には何度も食べようという意欲が沸きにくい一品でした。
ここは、以前からラーメン店が入っていた場所ですが、ボートピアの一階という立地もあって、開催日にはそれなりの客層の人が多くかたぎの人間は少し居づらい雰囲気になります。
私はここに入った店に行くときは、非開催日を狙うようにしています。
[PR]

by emozione | 2007-02-01 02:06 | 松江市内