シルク@八束町江島

f0088954_23241652.jpg

シルク@江島のシルクメンです。
かつて、中浦水門があった頃は、ここは江島から境港に渡る為の幹線道路で交通量も多く人目に触れる機会も多かったのですが、江島大橋が出来て以来、幹線をはずれてしまい寂しい思いをしているかと心配になり行ってみました。
お昼時でもあり、昔ながらのファンが結構居るのと近所に似たような店が無いためか、心配には及ばず常に丁度満席になるぐらいの客足でこれなら大丈夫かと安心しました。
さて、注文したのは店名を冠したシルクメンです。
他ではあまり味わうことのない独特の味でファンを引きつけるオリジナル麺ですが、久しぶりの訪問で再度味の確認を致しました。
白菜、豚肉、小松菜、木耳、人参を炒めた具材に赤みを帯びたとろみのあるスープで絡めてあります。
中華屋さんでよくある五目中華の様な食感ですが味としてはエビチリの様な少しピリ辛で甘みと酸味があります。赤い色は最初ラー油かと思ったのですが、油が浮いていないので違うようです。独特な甘みを出すため少量のケチャップが使われているのかも知れません。白菜と豚肉の旨みがよく出ていて甘み、酸味、ピリ辛が渾然一体となりとても美味しいです。非常に独特な味ですが、少し大阪の神座を想像させるような印象もありました。残念なのは麺で、これはたぶん松江でよく使われるタイプだと思いますが、もとが弱い上に火が加わりすぎの感があり、ムニュッとした残念な食感になっています。これが変われば相当印象が違うんじゃないでしょうか。
f0088954_23244032.jpg

シルクメンの他に塩、醤油、味噌などの普通のラーメンメニューと麻婆、チャンポン、五目、ピリ辛もやし等の中華系の麺、そして限定の黒ゴマタンタンメンがあります。
黒ゴマタンタンメンは黒胡麻で真っ黒なスープに、挽肉、もやし、小松菜、ニラ、白髪ネギ、クコの実などを配した一品でスープのみの試食でしたが、なかなかコクがあり良い味を出していました。特徴的なのは辛さの調整を別皿のラー油を好みの量入れることによって調節できるようになっている事です。なので、最初はあまり辛味が付いておらず辛さが苦手な人でも大丈夫な工夫になっています。このラー油は何か粒が入ったような変わったラー油なのですが、どこかで同じような物を見た事があると思って考えてみたところ、昔伊勢宮にあった味富のきょうさんと名の付いたジャンボ餃子に付いて来たラー油に似ていると気づきました。どこかで売られている物なんでしょうか?

客層についてですが、場所柄なのかも知れませんが、殆どの客が煙草を吸うのにも参りました。
これだけ、喫煙者が多数派だとお店の方も禁煙にするわけにもいかないのかも知れませんが残念です。
ただ、煙草についてはまだ良いのですが、感心できないのは明らかに車で来た客に対して昼間からアルコールを出していた事です。
これだけ世間を騒がせているご時世に、運転手に酒を提供すれば店が罰せられるという事を肝に銘じるべきです。
焼酎とビールを飲んでいた鳥取ナンバーの三人組さん、ナンバーは控えました。今度見かけたら警察に通報しますよ。
[PR]

by emozione | 2007-01-22 23:26 | 松江市内