拉麺「夢」@上乃木

f0088954_18132890.jpg

オープンして比較的間もない新しい店です。
津田の交差点から檜山トンネルを抜けて最初の信号を左折した所にある小さなお店です。
あまり情報がないのでとりあえず行ってみました。
店内はカウンター10席亭度と座敷が2テーブルのコンパクトな作りで、ご夫婦?と思われる二人で営業されています。
席に着くとウーロン茶?を出されるのですが、このお茶が美味しいのには驚きました。
とりあえず、初めてなのでデフォルトの特製らーめん550円を頂くことにしました。
注文から出来上がりまで奥で調理されている物音を聞きながらそれでも結構な時間を要してラーメンが運ばれました。
まずはそのボリュームに圧倒されます。丼が大きめなので見ただけで結構ボリューム感があり完食出来るか心配になります。
彩りは、濁りが少な目の茶濁したスープに先ず目にはいるのは大きめの海苔とゆで卵、海苔に隠れるように二種類のチャーシュー、もやし、メンマ、そして刻みネギが全体にちりばめられたています。
スープの味は鶏と豚?あるいはそのどちらか?でしょうか。ネギ、生姜?のような野菜系の味に覆われていてベースがあまりよく分かりません。
「花さか」系の味が好きで、でも「花さか」のは少しくどいと感じる人にはこのスープは合うかも知れません。
海苔は大きい上に分厚いのでいきなり食べると少し面食らいます。十分スープに浸してからの方が良いでしょう。
チャーシューは異なった二つの部位の物が乗っていますが、どちらも薄味でパサパサした感じです。
玉子は味の付いていない単なるゆで卵だと思われますが、個人的にはゆで卵は全体の味を薄めるので、この様な薄味系のラーメンには入っていない方が好みです。
全体として、薄口の量多い目ラーメンと言う感じですが、カップラーメンでも湯の量を少なくして味を濃いめにして食べる自分にとっては、同じ量の原料を使って水分半分にしてスープをとって、盛りつけのスープの量を半分にして頂いた方が好みかも知れません。
[PR]

by emozione | 2007-01-15 18:15 | 松江市内