塩や@菅田 味玉塩ラーメン

f0088954_18363760.jpg
実は2回目の訪問であります。
初めて訪れたのは約1年前で、2時ぎりぎりに来店したためか、すでに後かたづけの雰囲気で、あわてて火を入れ直したのか、やたら待ち時間が長く、出てきた物も一言で言って「ぬるい」ものでした。
店主の方は、たぶん非常に丁寧できっちりした方なんだと思いますが、一つ一つの仕事が丁寧きっちりとこなされるため、結果として時間を要します。また、奥ゆかしい感性をお持ちのためか全てが控えめで、結果インパクトが薄い物となっている気がしました。
そんな、前回の印象のため、長い間足が遠のいていたのですが、最近やたらとまわりの評判が良いので、前回の印象が間違っていたのか確認のため再訪いたしました。
お昼時だったせいか、前回と違いほぼ満席状態。
今回はもしや期待できるか・・・と期待しつつ待つこと、約20分。
混んでるせいかもしれないが、やはり、一つ一つの仕事がやけに丁寧でその分少しスローかも?
結構待ちくたびれてやっとの出来上がり。
早速スープを一口。「んー」
今回はぬるくない。ダブルスープと聞いていたが、魚介系はほとんど感じない、というか、このスープ鶏ガラだけなんだろうか?鳥でも身の部分や皮が入るともう少し別の味が出ると思うが、それすら感じられない。こだわりの塩の味を出すためか、シンプルというか控えめというか・・・
ご自慢の岩塩も岩塩故しょっぱさが弱く塩気が薄く感じます。
これは、あくまで好みの問題かも知れませんが、岩塩を使うのなら、鳥でも皮の部分を使うとか、鴨の様なそれ自体が味を持った物を使うか、むしろ豚系の方が好みかなと言う気がしました。
煮卵も一応表面が黒くなっていたので、「味付」だと思うが味的にはほとんど「半熟卵」でした。
自分は自身が下品なためか、ラーメンも主義主張の強いパンチの効いた物を好む傾向があるので、こんな印象でしたが、もっと清楚で繊細な味の分かる方には支持されるのかも知れません。
[PR]

by emozione | 2006-10-23 18:40 | 松江市内