らーめん厨房どる屋@宇都宮

f0088954_1183826.jpg

最近のネタがないので、2005年8月に食べた物です。
宇都宮市役所の近くのらーめん厨房どる屋と言う外から見るととてもラーメン屋に見えない、名前も謎のラーメン屋さんです。なぜ、そんなに昔に食べた物を今更アップするかというと、ここのラーメンが今まで全国で食べたラーメンの中でも最も変わり種でインパクトの強いラーメンだったからです。写真は栃木の鮎ラーメンと言って文字通り鮎で出汁を取っています。そのため、最初スープを一口飲むと、川魚特有の強烈な泥臭さが口の中に広がります。かなり、えぐいインパクトです。なのですが、これが徐々に慣れるというか、だんだんやめられなくなると言うか、マゾの境地というか、悔しいけどおいしく感じてしまう様になってしまいます。そして、しまいには食べ終わった後にとてつもない満足感と心地よい後味が口の中を支配しています。これを、はたして他のラーメンと同様の食べ物として扱って良いのかどうか、いわゆる普通のラーメンと思わない方が良いのかも知れません。それでも、宇都宮に行く用があった時は是非一度トライアルしてみられることをお勧めいたします。ちなみに、鮎ラーメンは期間限定のようで、それ以外の時は鯛だしラーメンと言うのをやっているようでした。これも、果たしてどんな味がするのだろう。鮎よりは普通のラーメンに近いのかも知れません。
[PR]

by emozione | 2006-06-07 01:32 | 関東