徳平食堂

f0088954_1502175.jpg

地元のラーメン通、御用達の徳平食堂です。いわゆるラーメン屋ではなくて、近所の役場や会社の人が利用する昔ながらの食堂といった風情で、夜は一杯飲み屋になるような所です。お昼の時間帯には、近所の公務員やサラリーマンが数人のグループで昼食を取っている光景がよく見られ、決まって食後の一服をプカプカするので、それが多少鬱陶しくもあります。
 自家製のチャーシューを使ったチャーシュー麺が売りでチャーシューは味とボリュームがあります。ラーメンは昔ながらの醤油ラーメンですが、いろんな方が指摘されているように、醤油にはチャーシューの出汁を利用しているようです。ベースのスープは豚系で口に入れると少し甘みがあって舌にまとわりつく感じの恐らく膠系のスープではないかと思われます。前回食べたときにはもう少し膠系の味が強く濃いスープだったと思いますが本日のは、やや醤油味が強く膠味が弱いスープでした。曜日によるんでしょうか?猫も杓子も魚介系に走る中、時代に流される事無く動物系一本で独特の旨みを引き出している姿勢に感動です。
[PR]

by emozione | 2006-05-23 13:30 | 松江市内