ラーメンごん太@松江市学園 再訪

f0088954_23221382.jpg

ラーメンごん太、7月1日以来、たれ込み情報を受けての再訪です。夕方通りすがりに覗いてみると、ほぼ一杯に近い客入りで一端そのまま通り過ぎました。しばらく時間をあけて再訪してみると丁度先客が切れたようで無事に入店しましたが、少しずつ顧客が増えているようで何よりです。
f0088954_23233023.jpg

さて、メニューですが、情報通り「ラーメン」は「豚ラーメン」になっています。その他のメニューに変更はないようですが、「ラーメン」と「つけ麺」を購入です。大将にお聞きすると、どうやら完全に仕様変更したようで、「二郎系ですか」と尋ねると「はい」との事。進言が良い方向に生きていればよいのですが、少し心配しながら待つ事にします。
f0088954_2323427.jpg

f0088954_23232269.jpg

まずは「つけ麺」(650円)。もちっとした太麺は健在、しかし「つけだれ」は前回とは全くの別物です。豚の香りが表に立ちそれを魚介系の旨味が支える動物系主体のつけだれで、ニンニクの風味と、ほのかな柚子と唐辛子の香りがアクセントになっています。前回の物と比べると、完全に吹っ切れた感じの、迷いのない味に感じました。魚介系主体のつけ麺が多い中、それとは一線を画するタイプのつけ麺でこれは面白いのではないでしょうか。
f0088954_23233913.jpg

そして、「豚ラーメン」(600円)。こちらは更に吹っ飛んでいます。魚介の香りは一切無し、文字通り豚が前面に出たスープで、これをかなり強烈なニンニクがサポートしています。全体に少し、しょっぱい気もしますが全く迷いのないスープです。全粒粉麺を思わせるような色合いの関東風極太麺はこれ自体かなり強いインパクトを持った麺ですがスープのキャラはこれを完全に凌駕しています。トッピングの茹でキャベツは一服の清涼剤として働きます。この辺りでは恐らく他に類を見ないタイプのラーメンでここならではの個性があってなかなか宜しいのではないでしょうか。進言が良い方向に働いているようで安心いたしました。私はまだ二郎に行った事がないので、これが二郎をインスパイアしているのか分かりませんが、もしそうだとすれば、よく言われるように中毒性があるとか入口で黒烏龍茶を買って入るとか言う逸話が分かる気がします。近いうちに、本家の二郎を探訪してみたくなりました。

店名 ラーメンごん太
TEL ?
住所 島根県松江市学園2-9-3
営業時間 18:00頃~22:00頃まで
定休日 月曜日
駐車場 2~3台 

f0088954_1955194.jpg


[PR]

by emozione | 2010-07-20 20:00 | 松江市内