にぼし亭@青森県弘前市

f0088954_18423441.jpg

 初の青森県レポートです。青森のラーメンにもいくつかの系譜があるようですがその中で最もコアなのが濃厚煮干系と言われる一群です。その代表となるのが弘前から北へ一駅の撫牛子にある「たかはし中華そば店」です。話はそれますがこの「撫牛子」という漢字何と読むかご存じでしょうか。恐らく地元の方以外で読める方は少ないでしょう。この漢字「ないじょうし」と読みます。当初何とかここに行こうと日程を調整していたのですが、バスでの移動方法がどうしても分からなくて地元のバス会社に電話で尋ねる事にしました。しかし、漢字でしか記載していないこの「撫牛子」の地名がどうしても読めなくてその問い合わせがなかなかスムーズに行かずに困り果てたと言う経緯がありました。話を戻して、結局時間的な都合でどうしても「たかはし中華そば店」行きが叶わなかったので、同じく濃厚煮干し系でオープン後間もないながら高評価を得ているこちらの店に突撃となりました。その名もずばり「にぼし亭」です。こちらのお店どうも秋田県大館市の孝百と店のプロデュースだそうですが「たかはし」に近いテイストが楽しめるという事で話題になっています。
f0088954_18433765.jpg

 店は階段を上がった2階部分で厨房と取り囲むカウンターとテーブルが窮屈に置かれた部屋と10畳ぐらいのスペースにポツンとテーブルが一客だけ置かれた部屋があり、だだっ広い側の部屋は喫煙スペースになっているのか何かガランとしていてスペースが勿体ない気がしました。入店時、満席だった為その空いたスペースで立って待っていたのですが店の方は殆ど無関心で黙々と厨房で作業をしているようでした。青森滞在中に少しずつ分かってきたのですが、どうも青森人は基本無口でこのような対応は特別な事では無いようです。待つ事しばし、ようやくだだっ広い側のテーブルが開いたので着席です。
f0088954_18435767.jpg

 メニューはにぼし中華の一系統のみとトッピングオプションが少々程度です。基本の「にぼし中華並」をオーダーです。
f0088954_1844196.jpg

 煮干し中華(並)(700円)です。まず目を引くのはその色合いです。スープはどす黒く深緑色に濁っています。そしてよく見るとその中に細かい銀鱗がラメのように煌めいているのが見えます。旨味もえぐみも全て一緒に粉砕してスープに投げ込んだというか何とも大胆なスープです。文字通り他の土地では味わう事が出来ないような煮干し一色のスープですがこれが旨いという人にはたまらないというのも頷けます。
f0088954_18444423.jpg

 煮干し責めのスープですがこれだけではつらいという場合テーブルに正油だれが用意されています。これを足すとスープが少しマイルドに変化します。前半何も入れず、後半はこれを加えてと言う食べ方が一度で二度楽しめるのでお勧めです。
 これだけのインパクトの煮干しラーメンは山陰にはまず無いか有っても即刻淘汰されるので難しいでしょう。しかし、個人的にはもし近くにあればまた食べてみたいラーメンでした。しばらく煮干しに口の中が痺れたような感覚、たまには良い物です。

店名 麺処にぼし亭
TEL 080-5568-4453
住所 青森県弘前市上白銀町1-10 2F
営業時間 11:00~15:00
定休日 木曜日
f0088954_1874080.jpg





[PR]

by emozione | 2010-04-03 12:50 | 東北