だんだん家@春日町 惜しまれつつの閉店

f0088954_141181.jpg

 名店が一つ姿を消す事になります。松江市春日町のだんだん家。伊勢宮から春日町に移転して3年余り、「ひばり」「塩や」とともに常に松江のニューウエーブ界をリードし続けてきた人気店の突然の閉店宣言は少なからず松江のラーメンファンに衝撃を与えました。決して経営的に苦しかった訳でもなく、ただ他にやりたい事があるからと言う、ある意味破天荒な所のある江角店長らしい決断なのかも知れません。3月いっぱいと言う事で残る営業期間にできるだけ通いたかったのですが折しも個人的に忙しい時期と重なり期せずしてこれが最後の訪問となってしまいました。
f0088954_1411731.jpg

 鶏骨ラーメン(塩味)は当初曜日限定での提供でしたが好評につき数量限定での毎日提供に変更されました。8時間以上強火で煮込んだ乳白色の鶏白湯ベースでこれに濃厚な魚介の旨味が加わります。松江では恐らく初めてのレギュラーメニューとしての本格的鶏白湯ラーメンですが初めていただいた時から未熟さを微塵も感じさせない完成度に驚かされました。この日は煮玉子入りでいただきましたがこれを二度と味わう事が出来ないと言うのは返す返すも残念です
f0088954_1413674.jpg

 レギュラーのラーメンに煮卵をトッピングした煮卵ラーメン(塩)です。レギュラーのラーメンも実は当初から比べて少しずつ変遷を繰り返しています。個人的には変化の毎により好みが増していった気がします。
 実はこの日以外にもう一回閉店直前の金曜日に最後のラーメンを食べに行ったのですが、表に臨時休業の看板が・・・やむなく退散して再度月曜日に出かけた時には既に閉店後となっていました。江角店長には最後にもう一度行きますねと伝えて帰ったのですがそれが叶わなくて残念です。惜しまれつつの閉店でしたが、この店が松江のラーメン界に大きな足跡を残した事は間違い有りません。江角店長お疲れ様でした。
[PR]

by emozione | 2010-03-02 13:25 | 松江市内