蒸し料理 dinig 菜厨 NAKRIA@京店 緊急報告

 今年7月にオープン以来、水郷祭の帰り道に立ち寄っただけで本格的になかなか伺えなかった、蒸し料理 dinig 菜厨 NAKRIA@京店ですが、ようやくちゃんと訪問する事が出来ました。事前にmenaruki氏に連絡をとって予約を入れた上での来店です。料理はお任せで量より質重視とだけお願いいたしました。結果的に蒸し料理だけではない菜厨の実力を堪能する事が出来ましたので緊急報告とします。
f0088954_93401.jpg

海老とスモークサーモンの前菜(仮称)。料理名は正式の物ではないので関係者の方は突っ込みを入れて下さい(汗)。くり抜いたゆずの中にスモークサーモンとフルーツ(オレンジ?)と海老が入った一品でフルーツとのコントラストによって魚介の旨味が引き立ちます。
f0088954_944241.jpg

フォアグラのソテー(仮称)。癖を一切感じさせないフォアグラの優しい味わいと芋のカリッとした食感、カブのしっとりした食感の対比が見事な一品です。
f0088954_954111.jpg

鯛のカブラ蒸し(仮称)。とろろ芋のようなカブラと洋風テイストのあんが上品に鯛の白身を包み込み全体に落ち着いたテイストの中に山葵の刺激がキラリと光る一品。
f0088954_962298.jpg

飯南産豚の角煮(仮称)。豚自体の味わいが物を言う一品。遠くに八角が香り野菜のシャキッとした食感が重厚な素材に爽やかさを与えます。
f0088954_97927.jpg

鶏白湯と鯛のフュメルのスペシャルラーメン鶏白湯と鯛のフュメドポアソンのラーメン。この日のメインディッシュ。スープベースはmenaruki氏が担当。贅沢に丸鶏から炊き上げたたり白湯は濃厚かつ芳醇。これまでにも東京や大阪で何店か鶏白湯をいただきましたがこれ程鶏らしさを鮮明に出した鶏白湯ベースには出会った事がありません。一方その鶏白湯ベースを華麗に支えるのが空海の景山氏が担当したフュメドポアソン。フュメドポアソンは主に白身魚と香草のエキスを白ワインを用いて抽出するフランス料理の手法で、この日は鯛を用いた物でしたが、凝縮した鯛のエキスは力強くかつそれでいてエレガント。この二つが絶妙なハーモニーを醸しだし一杯のラーメンをフルコースディナーのメインディッシュに昇華させています。平打ちの太麺もプリプリの食感はアルデンテに茹で上がったパスタを思わせます。鴨のロースも柚の風味で引き締める心配り、全てに渡って今まで経験した事のないラーメン。「参りました!」の一言です。
 これだけの手間とコストをコースの中とは言えラーメンにかけるのは常識的に考えて見合わないと思うのですが、実はこれらの材料は元々菜厨の冬メニューとして用意された鍋メニューの素材。裏を返すとこれらの素材を使った極上鍋が一人前2500円からの予算でいただく事が出来ます。〆のラーメンも一玉200円でオプションとして用意されていますのでこのラーメンの雰囲気を味わう事が出来るのではないでしょうか。鍋の中には要予約の物もあるようなので事前に確認される事をお勧めいたします。
 また、上記のラーメンをどうしてもいただきたい方は「週に10回ぐらいお店に通って頂ければお出しいたします。」とはホール係のくまさんのジョークですが、常連客になれば可能性があるようです。興味のある方は菜厨に通って至福の一杯を手にしてみて下さい。
f0088954_98562.jpg

紅茶のゼリー(仮称)。ラーメンの余韻に浸りながらいただきました。
f0088954_984034.jpg

 追加でオーダーした一品メニューの薄切りバゲットの明太子ディップ添え(380円)。お酒のあてにピッタリ、その後つい飲み過ぎてしまった事は言うに及びません。
 今回、蒸し野菜以外のコースメニューでしたが改めて菜厨の実力を見せつけられた思いがします。中心的素材とそれに対比する素材で陰と陽の抑揚をつけ作品に厚みを与える構成はどれも見事で景山氏の実力の高さを伺わせます。量は重要視しないと伝えてあったのですが量的にも十分満足のいく物でした。また、これだけのコースをいただいて、しこたま飲んだにも関わらず二人で一本ほどのお会計は、多少麺歩き仲間のご贔屓があったのかも知れませんがかなりリーズナブルです。そのせいもあってか、年末年始はすでに多くの予約が入り始めているようで特に週末は早めの予約が必要だとの事です。ただ、ウイークデイにはまだ余裕があるとの事でゆっくり食事を楽しみたい方はウィークデイの予約が狙い目かも知れません。


住所:〒690-0843 島根県松江市末次本町13 マツヤビル2F
TEL/FAX:0852-33-7702
HP:http://hwsa8.gyao.ne.jp/nakria/#  
営業時間
ランチタイム  11:30~14:30  
ディナータイム 17:30~22:00    
年中無休
f0088954_1955194.jpg




[PR]

by emozione | 2009-12-01 19:00 | 松江市内