中華そば屋 伊藤 そば

f0088954_1993644.jpg

 東京出張2日目、セレクトしたのは豊島の名店「中華そば屋伊藤」です。山手線、京浜東北線と乗り継いで王子駅に向かい、そこから徒歩で約15分、昭和の雰囲気が残る豊島中央通り商店街北の外れにある店を目指します。店に到着したのが午前10時40分頃の筈ですが開店前で看板も何もないため、そこが目的地か確証が得られずしばらくあたりをうろついて時間をつぶしました。開店5分ぐらい前になると、店の前に次第に行列が出来始めたので後について6番目を陣取り、無事に一回戦での入場を果たしました。
f0088954_1994556.jpg

 メニューはシンプルに、そば(550円)、にくそば(700円)と大盛り150円、つゆ増し150円のみです。店内には魚介の良い香りが充満しています。気立ての良さそうな若いお嬢さんが順に注文を取りに来て、基本のそばをいただく事にしました。
f0088954_1995521.jpg

 待つ事しばし、運ばれたそばです。丸く盛られた麺に僅かな量のスープ、具はネギのみでという恐ろしくシンプルな構成です。主役は麺、猫も杓子も太麺の東京にあって流行に流されることなくストレートの細麺を使用しています。自家製麺だそうですが、これほど麺自体の旨味が前面に出たラーメンをこれまで食べた事が無い気がします。スープはあら汁のような豪快な魚介の風味ですが塩分が控えめのため上品な印象を受けます。決して前面には出ず麺の旨味を引き立てる事に徹しているようです。恐ろしく少ないスープの量も麺の味を前面に出す事に役立っているようです。ちょうどパスタとパスタソースの関係のような印象を受けました。他ではまず食べる事が出来ない個性的な中華そばでした。

[PR]

by emozione | 2009-05-30 11:00 | 関東