中華軽食三八@長崎浜町店 ちゃんぽん

f0088954_10233689.jpg

 長崎最終日、この日も連休のためどこに行っても人が多いです。午前中に済ませてと思っていた市内観光で思わぬ時間がかかり昼食がこの時間となってしまいました。帰路を考えると余りゆっくりも出来ず行列の出来ている様な店はパスせざるを得ませんでした。そこで、地元の人から人気が有ると聞いていたこちらをセレクトです。中華軽食三八浜町店です。市内に4店舗を構える中華料理店で本店の創業は昭和38年という老舗だそうです。そのうち3店舗は市内の中心地、観光通から思案橋にかけての徒歩圏内の目と鼻の先に集中しているのは面白い店舗展開だと思います。メニューはラーメン、ちゃんぽん、皿うどん、焼き飯、焼きそば等、長崎らしいラインナップなのではないでしょうか。今回は折角長崎に来たので本場のちゃんぽんとJrがチャーシュー麺をオーダーしました。
f0088954_10234846.jpg

 ちゃんぽん(700円)です。本場の昔ながらのちゃんぽんはこうなんだろうなと思わせる下手に観光向けにならない、気負いのない素朴なちゃんぽんです。基本は豚骨だと思われますがライトなベースで少し魚介の風味を感じます。具材で特徴的なのは牡蠣を使用していることでしょうか。この風味がスープに影響しているのかもしれません。特別な物としてではなく毎日普通に食べられるちゃんぽんで地の長崎を感じる事ができます。店のセレクトは間違っていなかったと思わせてくれる一杯でした。
f0088954_1023599.jpg

 チャーシュー麺(750円)です。厚めのバラチャーシューが5枚のってこの値段はリーズナブルではないでしょうか。スープのみの試食ですがちゃんぽんのスープとは明らかに違います。基本は豚骨なのでしょうがライトでどこか鶏ガラのような風味が感じられます。福岡系の豚骨とはかなり趣を異にするスープで地域性の差を感じる事が出来るのは大変面白いです。

[PR]

by emozione | 2009-05-05 15:00 | 九州以南