長浜ラーメン豚八@東朝日町

f0088954_042049.jpg

 先日松江市東朝日町にオープンした長浜ラーメン豚八です。豚八は2004年2月にオープンした東出雲町のアイパルテ前の東出雲店が1店舗目ですが、その後伊勢宮に2号店、そして今回の東朝日町が3店舗目になります。場所は松江サティーの北側の業務用スーパーやファミリーレストラン、ゲームセンターなどが集まる商業地の東の外れで、元々は同系列の鮮魚食堂である磯の家があった場所になります。磯の家のシャミネ内移転に伴って居抜きの形で入った物と思われます。
 東出雲の豚八は学園の神楽と並んで、この地方での本格的博多ラーメンの草分け的存在でオープン当初は良く通った物です。特に、当時まだこの辺りではあまり見かけなかった味付け煮卵は、白身が固茹で黄身が半熟でどうすればあんなに黄身の中までしっかりと味が浸み込むのか不思議に思った物でした。最近でこそ、この地域でも博多ラーメンや味付け煮卵は珍しくなくなり、あまり行く機会もなくなってしまいましたが、折角近場に3号店ができた事でもあり久しぶりに足を運んでみる事にしました。
f0088954_0423137.jpg

 メニューは、基本の長浜ラーメンとこれに、太モヤシ、キクラゲ、辛みそ、香り油などで一味加えてある豚八ラーメンの2種類。それぞれの席にお好み表と言うのがあって、スープの濃さやトッピングなど好みを書いて店員に渡すとオーダーが成立します。写真は豚八ラーメン用ですが長浜ラーメン用のお好み表もあります。今回は店としては初めての訪問なので全て基本+煮たまごという事でオーダーいたしました。
f0088954_042518.jpg

 豚八ラーメン(650円)+煮たまご(100円?:記憶喪失)です。久々の豚八ラーメンですが、こんな味だったっけ、と言うのが正直な感想です。以前の豚八ラーメンのイメージは、どちらかと言えば少し癖があるというか、人工的なイメージと言うか、結構そんな味が好みだったりしたのですが、今回の豚八ラーメンは良く言えばスッキリした癖の無い味、悪く言えば平凡なイメージに感じます。豚骨スープが珍しかった時代に比べて本格的豚骨スープをいただく機会も増え、食べ歩いた件数も数を重ね、味覚が変化したせいなのかも知れません。煮たまごに関しては昔感じた通りの出来栄えで高いグレードを保っているのではないかと思います。支店の中ではもう一店、伊勢宮店が未食なのでこちらも機会に試してみようかと思います。

地図
[PR]

by emozione | 2009-01-30 13:10 | 松江市内