日光軒@盛岡

f0088954_2341202.jpg

 盛岡最終日の夜、岩手最後のラーメンは盛岡市大通りにある日光軒です。盛岡市内でも最も賑やかな繁華街、「大通り」と通称「映画館通り」の交差点から北に2本目の路地を少し入った所に位置します。盛岡では前述の中河と並んで古くから営業する老舗として知られていますが正確な創業年はわかりませんでした。
f0088954_1965286.jpg

 間口3mにも満たない様な狭く長細い店内はL字型のカウンター席のみ10席ほどで何故か壁には色とりどりの古いマッチの空き箱が所狭しと貼り付けてあります。入口のすぐ上に置かれた年代物のカラーテレビが色褪せた映像を映し出しているのが妙に店の雰囲気にマッチしています。夕方5時と夕食にしては少し早い時間だったためか入店時には他の客はまだ誰も居ませんでしたがその後続々とお客さんが入ってきました。入口付近と一番奥に比較的新しいメニューボードがあって、ラーメン、もやしラーメン、みそラーメン、ワンタンメンなどのメニューバリエーションがあるようですが、勿論ラーメンをオーダーです。水はセルフになっているようで入口近くの給水器まで自分で酌みに行って待つ事しばし、ラーメンの登場です。
f0088954_1971348.jpg

 ラーメン(500円)です。先の3店の中では「かまだ食堂」のラーメンに近い黒っぽい色合いのスープにチャーシュー大小合わせて4枚、海苔、メンマ、ネギのスタンダードなトッピングです。スープは岩手で食べたラーメンの中ではどちらかというと動物系のベースが強く甘みのある醤油味の中に、ほのかに酸味とも苦味とも取れる独特な香りを感じます。チャーシューはバラ肉で脂身が多めでジューシー、情報によると通常は3枚入っているようですが今回は小さめだったので4枚にしたのではないでしょうか。麺はやはり細めのウェーブ麺ですが、縮れ具合は弱め、岩手ではこの様な麺が好まれているようです。岩手のラーメンの中ではしっかり味の一杯でした。
[PR]

by emozione | 2009-01-24 17:05 | 東北