かまだ食堂@盛岡

f0088954_23301324.jpg

 盛岡市街地の北のはずれ、JR上盛岡駅近くの盛岡市本通にある鎌田食堂(かまだ食堂)です。盛岡駅からの徒歩での所要時間は道に迷わなければ20程度です。昭和48年創業、蕎麦がメインのジモピーな雰囲気あふれる大衆食堂です。暖簾をくぐると天井の低い店内に、テーブル席4席と2人座れば一杯になる程度の座敷が一つ、入店には気が付いている筈なのに何の声もかからないのでしばらく立ちん棒をしていましたが、厨房の入口付近に一席だけ空いたテーブルと見つけて着席です。地元ではタクシーの運転手が通う店として知られていて、事実この日もタクシーの運ちゃんと思しき人が一人、あとはこれもジモピーらしいオジサンたちばかりでした。
f0088954_18561885.jpg

 メニューは生そば類、丼類、中華類、定食類にジャンル分けされていて品数豊富ですが、やはりラーメンが有名なのでしょうか、地元のオジサンたちを見ても皆ラーメンを頼んでいるようです。ようやくお茶を持ってきたおばさんにラーメンの注文を告げます。おばさんの愛想が多少悪いのもこの手の店ではご愛嬌といった所でしょうか。
f0088954_1856404.jpg

 という事で出来ました。ラーメン(450円)です。黒に近いが透明感のある醤油系のスープにチャーシュー、メンマ、海苔、ネギのトッピング、麺は細めの縮れ麺です。何故か沢庵がおまけに付きます。スープは蕎麦屋らしく煮干の様な独特の甘みを持つ魚介系のスープにチャーシュー、海苔、メンマ、ネギのトッピング、麺は細めの縮れ麺となっています。醤油の色こそ違いますが、煮干の甘みを持った醤油系スープや細めの縮れ麺は、昼に食べた竹駒と何か共通性を感じさせます。竹駒に比べてやや魚介ベースがマイルドといった所でしょうか。チャーシューは少し醤油辛い気がしましたが許容の範囲でしょうか。地元で愛される大衆食堂系ラーメン、大変結構なお味でした。

地図
[PR]

by emozione | 2009-01-23 18:40 | 東北