ぶらり@東日暮里

f0088954_23224797.jpg

 東京の宿泊先に着いたのが10時を過ぎていたため近くて遅くまで開いている所という事でこちらを選択しました。JR日暮里駅から南東へ100mぐらい、表通りから路地を入った奥にある「麺酒処 ぶらり」です。都内に3店舗ある「支那そば きび」の姉妹店で、こちらは1階が鶏系スープのラーメン店、2階が夜営業の居酒屋となっています。こちらは何と言っても鶏白湯が有名で以前から一度来て見たかったのですが事あるごとにふられた経緯があります。今回こそはと乗り込んだものの、閉店間際の時間帯だったためか食券販売機を見ると鶏白湯は売り切れ、やむなく鶏そばのボタンを押すこととなりました。
f0088954_16311472.jpg

 鶏そば(680円)です。昨年の小麦高騰で少し値上げがあったようですが、まあ妥当な値段ではないでしょうか。暗い店内で写真が多少見辛いのですが、良く澄んだ醤油系スープに白髪ネギと鶏チャーシュー、糸唐辛子とあと謎の緑の物体がトッピングされています。この緑色の物体、ちょっと噛むとインゲン豆のような少し生っぽい味でかなりコリコリとした強い歯ごたえがあります。味を楽しむ物ではなく食感を楽しむ具材のようです。私は美味しくいただきましたが好みがはっきり分かれる具材かもしれません。この緑色、後で店員に聞くと「山くらげ」との事でした。さて、スープですが、スッキリあっさりした鶏がらスープながら流石にしっかりと鶏が香ります。遠くで仄かに生姜のような風味を感じます。上品でいて出るところはちゃんと出ている所は流石です。麺は細めの縮れ麺、しっかりした食感があって美味しいです。東京の激戦区のなかで人気を保っているのも納得の味、やはりリベンジして鶏白湯を食べてみたくなりました。

地図
[PR]

by emozione | 2009-01-22 23:15 | 関東